お店を開きたい人必見

飲食店

飲食店開業に向けて

レストランやカフェを開業したいと考えている人はたくさんいるでしょう。しかし初心者が店舗開業をするとき、どのような準備が必要なのかはあまり多く知られていません。そこで飲食店の店舗開業までの準備を、簡単に説明していきましょう。まず最初に準備するのは、どのようなお店を始めたいのかというイメージを予めたてておくことです。これが曖昧なままでは、資金を調達したり事業を説明するときにうまくいかなくなる場合があるのです。次は、自己資金をなるべく多く作っておくことです。店舗開業するときに、最も重要なことはお金をどれだけ使えるのかということになります。店舗開業をするほとんどの人は、自己資金だけでは足りないため、金融機関で何らかの融資を受けています。しかし、自己資金が少ないと金融機関から貸出を断られるケースが少なくないのです。一般に飲食店の店舗開業の資金は、カフェの場合は500万円くらい、レストランは1000万円以上必要と言われています。この金額を参考に、できるだけ自己資金を用意してから融資の相談をすることが肝心です。3つめは、どこで店舗開業を行うかということです。お店の場所は、売上に大きく作用します。すでにどの地域で開業するのかを決めている場合は、その地域の店舗物件をインターネットや地元の不動産屋さんでいくつかピックアップしておき、実際にその店舗や周辺をしっかり見ておきましょう。特に地元の不動産屋さんは地域の情報に詳しく、近くの飲食店の事情が聞けるケースも多いことからおすすめです。